ヘナTOPICS

■ヘナによるトラブル回避

ヘナ白髪染めの染まり具合

ヘナは人体に安全な成分であるため、アレルギーをお持ちの方であっても安心して白髪染めを行うことができるといわれています。
ですが、その染まり具合に関しての意見はさまざま。果たして、ヘナでの白髪染めの満足度はどの程度なのでしょうか。

・・・「ヘナ白髪染めの染まり具合」の続きはこちら

ヘナ染毛料(化粧品)によるかぶれについて

市販の染毛剤(医療部外品)でかぶれを起こしたご経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
アレルギー体質でもないのに、なぜ染毛剤でかぶれるの?という疑問がここで生じるのではないかと思います。

・・・「ヘナ染毛料(化粧品)によるかぶれについて」の続きはこちら

ヘナの安全性について

一般的なヘアカラーには、ジアミン(発色剤)はじめとする化学合成物質が配合されていることが多く、これらの化学合成物質が皮下に蓄積されることにより、抜け毛などの原因となくことが少なくありません。
今回は、安全性が高いといわれている、ヘナについてご紹介して行きます。

・・・「ヘナの安全性について」の続きはこちら

授乳中にヘナ染めを使ってもいい?

妊娠中や出産後の女性の身体は、ちょっとしたことに対しても敏感で、同時に免疫力も低下しているため、とてもデリケートです。それは、授乳中であっても同様です。
では、授乳中のヘナの施術はどうなのでしょうか?

・・・「授乳中にヘナ染めを使ってもいい?」の続きはこちら

ヘナの臭いが気になるときは

ヘナや天然ハーブトリートメントは、使うほどに髪質が良くなるということで、年齢を問わず愛用する方が増えています。
ですが特有の臭いがあるため、この臭いが気になるという方もいらっしゃるのではないかと思います。

・・・「ヘナの臭いが気になるときは」の続きはこちら

ヘナの色落ちを抑える方法

ヘナ配合のカラートリートメントの色落ちが気になるという声をよく耳にします。
実は施術したばかりでは色落ちしやすいのです。では色落ちを防ぐ方法はないのでしょうか。

・・・「ヘナの色落ちを抑える方法」の続きはこちら

化粧品ヘナと雑貨ヘナの違い

良質なヘナや天然ハーブトリートメントを探していると、実にさまざまな種類が見つかり、そのヘナや天然ハーブトリートメントが化粧品用なのか雑貨用なのか、よくわからないときがあるのではないかと思います。

・・・「化粧品ヘナと雑貨ヘナの違い」の続きはこちら

ヘナが洋服についてしまった時

ヘナや天然ハーブトリートメントに含まれている天然の色素は、服についてしまった直後であれば、石けんで落すことができる場合があります。

・・・「ヘナが洋服についてしまった時」の続きはこちら

髪質とヘナの染まり具合

髪質とヘナの染まり具

ヘナや天然ハーブトリートメントは、そのトリートメント効果だけではなく、髪色の変化を楽しむことができるという部分にあります。
ですが、髪質によってはトリートメントを行っても、染まりにくいことがあります。

・・・「髪質とヘナの染まり具合」の続きはこちら

ヘナは直接排水溝に流して大丈夫?

ヘナは直接排水溝に流して大丈夫?

ヘナや天然ハーブトリートメントを使ってみたいけど、排水溝にそのまま流すとどうなるか心配…。
確かに、カラーリング剤をそのまま排水溝から流すと、もしかすると環境汚染につながるのでは?という不安があるかもしれません。

・・・「ヘナは直接排水溝に流して大丈夫?」の続きはこちら

■ヘナの施術

ヘナ染めの染め方

ヘナトリートメントの効果的な使用方法は、繰り返し使用することです。
それによって髪の毛が丈夫になり、染まり方も自然なため大変好評を博しています。
また血行を安定させる成分が含まれているため頭皮や毛穴から浸透したヘナの成分が頭部の血行を良くしストレスの緩和や抜け毛予防にも効果があるとされ注目されています。

・・・「ヘナ染めの染め方」の続きはこちら

ヘナ白髪染めの染まり具合

ヘナは人体に安全な成分であるため、アレルギーをお持ちの方であっても安心して白髪染めを行うことができるといわれています。
ですが、その染まり具合に関しての意見はさまざま。果たして、ヘナでの白髪染めの満足度はどの程度なのでしょうか。

・・・「ヘナ白髪染めの染まり具合」の続きはこちら

ヘナ染めとパーマや縮毛矯正の順番

ヘナや天然ハーブトリートメントで施術した後にパーマや縮毛矯正をおこなっても効果は得られません。それではパーマや縮毛矯正後にヘナや天然ハーブトリートメントを施術した場合、良いのでしょうか。
答えは「ノー」です。

・・・「ヘナ染めとパーマや縮毛矯正の順番」の続きはこちら

ヘナが地肌についても大丈夫?

頭皮環境を乱すことなく、自然に髪色に変化を持たせたいのであれば、天然色素によるトリートメントがおススメです。
そして、その代表としてヘナや天然ハーブトリートメントです。

・・・「ヘナが地肌についても大丈夫?」の続きはこちら

ヘナ染めの前にシャンプーは必要?

ヘナや天然ハーブトリートメントでトリートメントを行う場合でも、事前にシャンプーを行う必要がありません。
ですがこの場合では、一般的なカラーリングとは、シャンプーを行わない理由が異なります。

・・・「ヘナ染めの前にシャンプーは必要?」の続きはこちら

若い人にも広がるハーブトリートメント

ヘナや天然ハーブトリートメントといえば、白髪染めのイメージがあるという方は多いのではないでしょうか。
ですが最近では、若い方の中にもヘナや天然ハーブでトリートメントを行う方が増えています。

・・・「若い人にも広がるハーブトリートメント」の続きはこちら

ヘナを塗る前にオイルを使用するといい?

実は、ヘナや天然ハーブトリートメントは髪の水分や油分を奪ってしまうことがあり、もともと髪の乾燥が気になる方の場合では、ヘナや天然ハーブトリートメントの使用により、髪のぱさつきが目立ってしまうことがあります。
そのようなときに役立つのがオイルです。

・・・「ヘナを塗る前にオイルを使用するといい?」の続きはこちら

ヘナ染めがやりやすいブラシとは

ヘナや天然ハーブトリートメントをムラなく髪全体に伸ばすためには、「刷毛」、「コーム」、「持ち手」が1つになっているブラシの使用が理想的です。
また、持ち手部分の先端部分はとがっているデザインのものを選びましょう。

・・・「ヘナ染めがやりやすいブラシとは」の続きはこちら

ヘナのペーストを温めてから髪に塗る理由

ヘナや天然ハーブトリートメントは、塗布した箇所の頭皮から熱を奪うという性質を持っています。
ですが、頭皮が冷えてしまうと、その冷えが髪にも伝わってしまい、ヘナや天然ハーブトリートメントの成分が髪に入りにくくなることが考えられます。

・・・「ヘナのペーストを温めてから髪に塗る理由」の続きはこちら

ヘナカラー後に髪の色を明るくできる?

ヘナカラー後に髪の色を明るくできる?

ヘナ100%またはオレンジヘナだけで施術するのか、インディゴを配合するのかによって、仕上がりの髪色に変化が現れます。
たとえば、ヘナのみでトリートメントを行った場合、白髪部分はオレンジ色に変化しますが、インディゴを加えてトリートメントを行うと、黒っぽい髪色に仕上がります。

・・・「ヘナカラー後に髪の色を明るくできる?」の続きはこちら

髪質とヘナの染まり具合”

髪質とヘナの染まり具

ヘナや天然ハーブトリートメントは、そのトリートメント効果だけではなく、髪色の変化を楽しむことができるという部分にあります。
ですが、髪質によってはトリートメントを行っても、染まりにくいことがあります。

・・・「髪質とヘナの染まり具合」の続きはこちら

■ヘナの効果的な使用について

ヘナ商品の消費期限と保存方法

弊社のヘナは粉末の状態でお届けしています。
合成保存料などの化学物質は一切含んでいませんが粉末状でお届けしていますので、開封前なら長期間保存が可能です。ただし一度開封したものは湿気に注意する必要があります。

・・・「ヘナ商品の消費期限と保存方法」の続きはこちら

ヘナは傷んだ髪のケアにも効果的?

シャンプーに配合されているシリコンの役割は、髪をコーティングして手触りの滑らかさや、ツヤ感を出すという点にあります。
ですが、シリコンは化学合成物質であるため、化学合成物質に対するアレルギーをお持ちの方は、使用を控えなければならないこともあるでしょう。

・・・「ヘナは傷んだ髪のケアにも効果的?」の続きはこちら

ヘナが地肌についても大丈夫?

頭皮環境を乱すことなく、自然に髪色に変化を持たせたいのであれば、天然色素によるトリートメントがおススメです。
そして、その代表としてヘナや天然ハーブトリートメントです。

・・・「ヘナが地肌についても大丈夫?」の続きはこちら

ヘナ染めの前にシャンプーは必要?

ヘナや天然ハーブトリートメントでトリートメントを行う場合でも、事前にシャンプーを行う必要がありません。
ですがこの場合では、一般的なカラーリングとは、シャンプーを行わない理由が異なります。

・・・「ヘナ染めの前にシャンプーは必要?」の続きはこちら

若い人にも広がるハーブトリートメント

ヘナや天然ハーブトリートメントといえば、白髪染めのイメージがあるという方は多いのではないでしょうか。
ですが最近では、若い方の中にもヘナや天然ハーブでトリートメントを行う方が増えています。

・・・「若い人にも広がるハーブトリートメント」の続きはこちら

茶髪にヘナカラーを使うと何色になる?

ヘナや天然ハーブトリートメントは、もともとトリートメントを行う目的で使用されますが、ヘナには天然の赤色色素を含んでいることから、使用後の髪色に変化を持たせることができるという副産物を得ることができます。

・・・「茶髪にヘナカラーを使うと何色になる?」の続きはこちら

ヘナを塗る前にオイルを使用するといい?

実は、ヘナや天然ハーブトリートメントは髪の水分や油分を奪ってしまうことがあり、もともと髪の乾燥が気になる方の場合では、ヘナや天然ハーブトリートメントの使用により、髪のぱさつきが目立ってしまうことがあります。
そのようなときに役立つのがオイルです。

・・・「ヘナを塗る前にオイルを使用するといい?」の続きはこちら

ヘナにはくせ毛改善効果がある?

自由にヘアアレンジしてみたいけど、くせ毛だから無理…。髪の悩みの中でも、くせ毛に関する悩みは本当に多いですよね。
ですが、諦める必要はありません。

・・・「ヘナにはくせ毛改善効果がある?」の続きはこちら

化粧品ヘナと雑貨ヘナの違い

良質なヘナや天然ハーブトリートメントを探していると、実にさまざまな種類が見つかり、そのヘナや天然ハーブトリートメントが化粧品用なのか雑貨用なのか、よくわからないときがあるのではないかと思います。

・・・「化粧品ヘナと雑貨ヘナの違い」の続きはこちら

ヘナのペーストを温めてから髪に塗る理由

ヘナや天然ハーブトリートメントは、塗布した箇所の頭皮から熱を奪うという性質を持っています。
ですが、頭皮が冷えてしまうと、その冷えが髪にも伝わってしまい、ヘナや天然ハーブトリートメントの成分が髪に入りにくくなることが考えられます。

・・・「ヘナのペーストを温めてから髪に塗る理由」の続きはこちら

ヘナ後はドライヤーを使わない方がいい?

ヘナ後はドライヤーを使わない方がいい?

「ドライヤーの熱風が髪を傷める原因になる。」これについて、なんとなく知っているという方は多いことでしょう。
ドライヤーは髪に近付け過ぎると、その熱によって髪の水分が奪われ、枝毛や切れ毛の原因になります。

・・・「ヘナ後はドライヤーを使わない方がいい?」の続きはこちら