ヘナは傷んだ髪のケアにも効果的?

シャンプーに配合されていることの多い”シリコン”の役割をご存じでしょうか?
シャンプーに配合されているシリコンの役割は、髪をコーティングして手触りの滑らかさや、ツヤ感を出すという点にあります。
ですが、シリコンは化学合成物質であるため、化学合成物質に対するアレルギーをお持ちの方は、使用を控えなければならないこともあるでしょう。

シリコンを使用せずに、同様の効果を得る方法、それがヘナや天然ハーブトリートメントの使用です。
ヘナや天然ハーブトリートメントには髪のタンパク質等を補修し、髪内部の保水力を高める働きがありますので、ダメージヘアにも効果的です。

ヘナや天然ハーブトリートメントが髪にいい理由とは?

現在、ヘナや天然ハーブトリートメントと名のつく製品が数多く市場に出回っていますが、その中には、100%天然ではなく、化学合成物質を配合しているものもあります。
ここでは、そのような製品は除外し、100%天然ハーブ製品に目を向けてお話を進めていきます。

ヘナの葉には、赤色色素である”ローソン”が含まれているため、ヘナやヘナの成分が含有している天然ハーブトリートメントを使用すると、自然に髪に色がつきます。
天然ハーブトリートメントの多くは、頭髪や頭皮に刺激の少ない中性から弱酸性の成分でできているものが大半です。
また、ローソンは髪のタンパク質と絡み合う性質を持っているため、これが髪色に変化をもたらします。
ヘナや天然ハーブトリートメントの場合は化学合成物質が含まれていませんので、人体に対する安全性は高く、アレルギー反応などが起こる可能性も低いと考えられています。
さらに、ヘナや天然ハーブトリートメントには、髪質をよくする効果も期待することができるため、使用するたびに癖がなくなってきたり、ツヤが出てきたり髪にプラスの影響をもたらします。

なお、一般的なヘアカラーには、発色剤である”ジアミン”をはじめとする、化学合成物質が何種類も配合されていることが多く、これらが髪の組織を傷つけたり、頭皮にアレルギー反応を起こさせたりする原因となることもあります。

頭皮からダメージケア

ヘナや天然ハーブトリートメントには、頭皮の血行不良を改善する効果も期待することができます。
頭皮の毛穴詰まりなどで血行不良が起こっていると、頭皮や髪が必要としている栄養が行き渡らず、その結果、抜け毛が多くなったり、髪そのものが細く弱々しくなってしまうことがあります。
ヘナや天然ハーブトリートメントが緩やかに頭皮に浸透すると、毛穴詰まりが改善され血流がよくなり、丈夫で艶やかな髪の成長へとつながります。

特にシリコンなどの化学合成物質に対してアレルギーをお持ちの方は、ヘナや天然ハーブトリートメントで、頭皮から髪のダメージケアを行ってみてはいかがでしょうか。