ヘナ染めがやりやすいブラシとは

ヘナや天然ハーブトリートメントをムラなく髪全体に伸ばすためには、「刷毛」、「コーム」、「持ち手」が1つになっているブラシの使用が理想的です。
また、持ち手部分の先端部分はとがっているデザインのものを選びましょう。

まず刷毛部分ですが、これはパウダー状のヘナや天然ハーブトリートメントをお湯で溶く際に便利です。
お湯をゆっくり入れながら刷毛でかき廻してペーストを作ります。
ペーストは硬すぎず、柔らかすぎずにマヨネーズくらいの硬さだと刷毛にしっかりとまとわりつきます。
髪に乗せていく際にも刷毛を使用しますが、刷毛とコームが一体型となったブラシが便利です。
髪の毛1本1本にペーストがいきわたるようにするためにはコームで引き延ばしていくと良いでしょう。
特に意図が入りにくい生え際には、たっぷりと刷毛にペーストを乗せてコームで引き伸ばすと良いと思います。
また、持ち手のとがった先端部分は、髪を分ける際に使用します。

刷毛部分はプラスチック製だと摩擦を起こりやすく、髪への負担が大きくなりますので、比較的柔らかい馬毛を使用したものがおススメです。
豚毛でも悪くはありませんが、馬毛よりも若干硬いため、馬毛よりも使い勝手が悪いかもしれません。
コームや持ち手部分はプラスチック製でOKです。

ブラシを使用する際の注意点とは?

ヘナや天然ハーブトリートメントは、ブラシに付着したままで放置しているとそのまま固まってしまいます。
使用後にはぬるま湯を洗面器に張って振り洗いをし、ヘナや天然ハーブトリートメントを完全に落したらよく水を切って、風通しの良い場所で陰干しして自然乾燥させましょう。

その際に洗剤を使用する必要はありませんが、どうしても気になるのであれば、アミノ酸系のシャンプーを洗面器のお湯に溶かし、その中でブラシを振り洗いしてみて下さい。
このときに注意して頂きたいのは、洗浄成分が残らないように完全に洗い流すということです。
特に天然の動物の毛を使用している刷毛部分はお手入れを怠ると抜けてしまうことがありますので、長く使用するためにも、ヘナや天然ハーブトリートメントの際に使用したら、使用後のお手入れは毎回欠かさず行いましょう。