ヘナ染毛料(化粧品)によるかぶれについて

市販の染毛剤(医療部外品)でかぶれを起こしたご経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
アレルギー体質でもないのに、なぜ染毛剤でかぶれるの?という疑問がここで生じるのではないかと思います。
そこで、ひとつ認識して頂きたいことがあります。それは、あなたがアレルギー体質ではなくても、人体に危険を及ぼす物質がお肌に触れた場合には、一時的にかぶれの症状を引き起こす可能性があるということです。

ヘナはアレルギーの心配がない?

現在、ヘナを配合した染毛剤が数多く販売されるようになりましたが、そのような製品を使用してかぶれの症状が起こったという症例がいくつもあるようです。
そこで、注意をして頂きたいことがあります。
「ヘナを使用した染毛料」、あるいは「ヘナ配合染毛剤」と銘打って販売している製品の中には、ケミカルヘナと呼ばれるものがあり、100%天然成分のヘナと植物によって製造されていないものがあります。
このような製品の多くは、アレルギーを引き起こす可能性が高い「ジアミン」「ピクラミン酸」が配合されており、これが頭皮のかぶれを誘発する原因となっています。

また近年発がん性が疑われている「アカネ根」「2アミノ6クロロ4ニトロフェノール」を配合して発色を濃くしたり、施術後の色の薄さを補う顔料「HC染料」や「酸化鉄」を入れたものが発売されていますのでご注意下さい。

パッチテストの重要性

パッチテストを実施すると、100%ハーブのヘナであればアレルギーなどの過敏反応が起こることは殆どないと考えられますが、化学物質が配合されている場合には、かぶれなど、なんらかの異常が起こる可能性が高くなります。

染毛剤(医療部外品)によるかぶれは慢性性を帯びていますので、アレルギーをお持ちの方はもちろんのことご使用には注意していただけるようお願いします。
また染毛料を使用したときにかぶれが起こりやすいという方は、化学物質が含有されているか、ご自身が植物性アレルギーの可能性があります。ご自身の体にどのような反応が出るか知っておく必要があります。

パッチテストのやり方

パウダータイプのヘナでパッチテストを行う場合には、ヘナパウダーを少量のぬるま湯で溶き、腕の内側や背中など皮膚の薄い部分に直接塗布し、コットン+医療用固定テープで48時間放置してみて下さい。
ここで、かぶれなどの症状が現れた場合には、その製品のご使用を控え、皮膚科で診断を受けて下さい。