授乳中にヘナ染めを使ってもいい?

妊娠中や出産後の女性の身体は、ちょっとしたことに対しても敏感で、同時に免疫力も低下しているため、とてもデリケートです。それは、授乳中であっても同様です。
では、授乳中のヘナの施術はどうなのでしょうか?
結論からお話しますと、授乳中の医薬部外品でのカラーリングは避けるべきですが、ヘナの施術はご自身の体調を確認しながら行ってください。

どうしてもヘナや天然ハーブトリートメントを行いたいというのであれば、免疫レベルが上がっている体調が良い時に行うという方法があります。

なぜ、授乳中のカラーリングはダメなの?

授乳中の女性の身体は、出産で受けたダメージ、特にホルモンバランスの乱れが完全に回復していない状態です。
また比較的寝不足や疲れから免疫力が下がっている傾向があります。
このような時期に化学合成物質が配合されているカラーリング剤を使用した場合には、頭皮にかぶれや痒みが現れることが少なくはありません。
また、化学合成物質は経皮を通して体内に毒素が侵入し、母乳に悪影響を及ぼさないとも限りません。

このような状態が、一般的なカラーリングで必ず起こるということではありませんが、ホルモンバランスの崩れや母乳への悪影響を考えるのであれば、授乳中には、化学合成物質配合カラーリング剤の使用を避けることがベストと言えます。

なぜ、ヘナならいいの?

では、なぜ100%ヘナや天然ハーブトリートメントであれば授乳中の施術もOKなのでしょうか?
それは、ヘナそのものが人体に対して安全であると考えられており、アレルギーをお持ちの方であっても、比較的安心して使用することができるからです。
また、100%ヘナや天然ハーブであれば、母乳に悪影響を及ぼす科学合成物質が配合されていないわけですから、授乳中であっても安心して使用することができます。

天然植物100%ヘナやトリートメント製品は、使い続けるうちに髪質が良くなるというメリットを持っています。
安全性が高いうえに、髪質が良くなるなんて、願ったり叶ったりではありませんか?
ヘナは授乳中でなくてもおススメできますが、特に授乳中なのであれば、ママにも赤ちゃんにもやさしくて安全な、ヘナや植物性トリートメントをご使用してみてはいかがでしょうか。

なおヘナや天然ハーブトリートメントといっても、すべての製品が安全というわけではありませんので、授乳中に使用する場合は、必ず天然100%で、化学合成物質が配合されていない製品を選ぶようにして下さい。

天然100%成分のヘナやトリートメントに問題は?

天然成分だけで作られているヘナやハーブトリートメントは、基本的には常在菌(自然に存在する菌)が含まれているといっても良いでしょう。
健康な人間がこれら常在菌に触れても病気になることはないですが、妊婦さんや授乳中の女性、生理中の方は免疫力が低下しているといって良いでしょう。
そのため体調不良を感じた方は出来るだけ控えるようにおすすめします。

ヘナやハーブトリートメントを安全に使用するために

常在菌の接触によって誰でも問題を起こすわけではありません。
しかしパウダーに含まれている常在菌(カビ菌含む)を殺菌する方法はあります。
熱湯(80度くらい)による殺菌です。

パウダーからペーストを作るときに水やぬるま湯に代わって80℃のお湯を注ぐ方法です。
完全ではありませんが、7~80%の菌は死滅します。

妊婦さん、授乳中のママや体調不良の方、更に頭皮に傷がある方などは、この方法でペーストを作り施術なさることをおすすめします。