茶髪にヘナカラーを使うと何色になる?

ヘナや天然ハーブトリートメントは、もともとトリートメントを行う目的で使用されますが、ヘナには天然の赤色色素を含んでいることから、使用後の髪色に変化を持たせることができるという副産物を得ることができます。
また、ヘナ(オレンジ色)の色素は、元々の髪色によって、それぞれに異なった変化を見せます。

今回は、茶髪の方がヘナ(オレンジ色)でトリートメント使用した場合に髪色はどのように変化するのか、ご紹介することにしましょう。

ヘアカラーリング剤で茶髪。ヘナやハーブトリートメントの反応は?

ヘアカラーリング剤を使用すると、やや黄色味がかった明るい髪色になります。
では、この状態でヘナを行うと、髪色はどのような変化するのでしょうか?
ヘナや天然ハーブトリートメントには、”ローソン”という天然の赤色色素が含まれているため、茶髪だった髪は、やや赤味を帯びた明るい色へと変化します。
また、ヘアカラーリング剤によって傷んでいる髪に対してヘナを使用した場合では、健康な髪よりも色素が入りやすいため、さらに赤味が強くなることもあります。
そこで髪の毛を現状のまま変えることなく、トリートメントをしたい場合、無色天然ハーブトリートメントをご使用されることをおすすめします。

茶髪にヘナや天然ハーブトリートメントを使い続けると?

ヘナやヘナ配合の天然ハーブトリートメントには、髪の主成分であるケラチン(タンパク質)に絡みつく性質があり、キューティクルがコーティングされることによってトリートメント効果を得ることができます。
また、使い続けるほどに色素も濃くなって行きますので、トリートメント効果とともに、濃く変化して行く髪色を楽しむこともできます。
つまり、茶髪の方がヘナや天然ハーブを使い続けた場合では、より明るく赤味が強い髪またより濃い茶色に変化して行く可能性があるということですね。

より自然な髪色をお求めなら

髪がどんどん伸びてくると、茶髪と黒髪の差がはっきりしてきます。それはそれで仕方がないことではありますが、全体的により自然な髪色に変えて行くのであれば、通常のヘナやヘナ配合の天然ハーブトリートメントに、インディゴをプラスするという方法があります。
これを何度も繰り返しているうちに、徐々に自然な髪色に変化して行きますので、そろそろ茶髪をやめようかな?とお考えの方は、この方法を試してみてはいかがでしょうか。