TOP | ヘナについて | ヘナについて

ヘナについて

ヘナって何?

なぜヘナを使うの?
ヘナは主にインドで自生する植物で、古来から白髪染めやタトゥーの材料として使われてきました。日本ではヘナを含む白髪染め剤を指すことが多いです。
植物なので髪へのダメージが少なく、髪の外側に吸着しトリートメントも期待できます。
 
一般的な白髪染めに含まれる染色成分には発がん性を疑われるものもあり、長年使い続けた結果アレルギー症状などが表れ、痛みや痒みで白髪染め自体が使えなくなる・・・そんなケースが増えているようです。
 
そのような背景から近年天然の植物であるヘナに注目が集まっています。
ヘナは天然の植物ですが、中にはジアミンなど化学成分を添加している商品もあるので成分を確認することが重要です。
 
こんな方におすすめ
・一般的な染毛剤を使うと地肌が痒くなってしまう方
・オーガニックに興味があるナチュラル志向の方
 
ヘナの特徴としては
・お湯で溶いて、塗布してサランラップで巻くなど多少の手間と時間がかかります。
・塗布した後40分~60分程度待つ必要があります。
 
時間がない方や面倒なことが嫌いな方には向いていないかもしれません。最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れが必要な商品です。
 

HOW TO USE

使い方

使用前に必ずアレルギー反応が出ないかどうか事前にパッチテストを行ってください。二の腕等の皮膚の柔らかいところにペーストを少量塗り、24時間以上待って変化がないかどうか確認してから使用してください。

 

 

★パウダー使用量80~100gをボールに移し泡立て器で良く混ぜてだまをなくします。80度位のお湯の中にパウダーを入れて良く混ぜ合わせヨーグルト状のペーストを作ります。
※ペーストを塗布する前に皮膚の弱い方は顔周りにコールドクリームを付けて皮膜を作ってください。
 

 

 特に白髪が気になる部分の顔周りや根元部分にたっぷりと塗ってください。パウダーの量が少ない時や、ペーストが固い時は色が入りづらかったり、褪色が早まったりしますのでご注意ください。
※塗ったところが乾いてしまった場合は、その上から刷毛を水で湿らせ再度お塗りください。パウダーが乾いてしまいますと、染色が止まってしまいます。

 

★塗り終わったら頭全体にサランラップを覆い、40分~90分位自然放置します。
※ラップの上からタオルや毛糸の帽子保温性のあるものを覆うとより効果的です。
※冬場はラップの上からドライヤーで温めてから毛糸の帽子等で覆うと良いでしょう。
 

★放置後色が無くなるまでシャワーできれいに流し、その後シャンプーをして下さい。
※素洗いでも良いですが、インディゴハーブにかぶれる方や頭皮の弱い方はシャンプーで良く洗い流すことをお勧めいたします。
※施術後、薄緑色になりますが、数時間~1日位かけて段々と濃い色に発色します。


イフズプランニングのヘナ

弊社のヘナについて
現在準備中です

Q&A

ヘナに関するQ&A
現在準備中です